FC2ブログ

つろぎ日和南大阪の郊外にひっそり佇む和風カフェ「つろぎ」。二十穀米や山芋のご膳や旬の素材を使ったスイーツが人気。お水や自然食品も厳選して販売。 つろぎの店長が、徒然なるままに綴ります。

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-08.01 Wed「つろぎノート」[店長note]

Time[02:24] Comment[2] Trackback[-]
つろぎノート

文章を本気で書くのは久しぶりです。
今まで書いてきたこともウソではないけど、
別に書きたいことではなかったかな。
新作情報とか、お知らせとか、お仕事です。
実はつろぎでは、今月から「つろぎノート(仮)」を作成し、スタッフ間で、いろんなことを書きあったり、表現したりすることにしました。
いいサービスって、サービスする側の人柄って言うか、技術はもちろんなんだけど、人間性によると思います。
バイトの学生さんも、ただのパートタイムジョブではなくって、せっかく時間を使って働くのだから、もっともっと成長してほしいというか、ドラマも作ってほしいと思います。

「つろぎノート」スタートにともなって、つろぎ日和も(実は前回ちょっと「冒険」したんですが・・・)、飾らず、ありのままに書いていこうと改心しました。

そして第1回です。

書きたいことはたくさんあります。

5年位前までは、たくさんたくさん文章を書いていました。
エッセーや日記も書いていました。
手紙も、たくさんの人に年間50通くらい書いていた。

でも、それがある時を境に書けなくなりました。
心身ともに擦り減らすような毎日にも充実感があったのに、自分の中に潜む「魔」とも言うべき何かに心を囚われていたと気づいたのは、いつ頃だったろう。
しかしそれに気づいたとて、なす術もなくただ仕事をこなす毎日を過してきました。確かに気づいてはいたのに・・・

人とも目を見て話せなくなりました。自分とも向き合うことが時には怖くて、時には億劫で、半ばあきらめ、半ば開き直り、ただ、毎日繰り返される日常を、仕事をこなし、自分を癒し、時間をつぶし・・・
その間に離れていった友もいたし、遠ざけた人もいます。
でも、その間に妻と結婚し、子供も授かったことは何という幸福だろう。

時に厳しく、時に優しく、時にずうずうしく、時にさりげなく、陰に日向にたくさんの人に支えられて、今の自分はあります。
今、名前を挙げて、感謝したい方がいる。思えば思うほどにたくさんいる。

何事にも“感謝”できなくなった“不信”と“不安”の裏通りから、今、光射す表通りにほんの少し片足を踏み出そうとしている、そんな感覚です。

なぜ、その一歩が踏み出せるのか・・・
よくわからないけど、たぶんそれは、祈りにも似た、たくさんの人の想いを感じる自分を取り戻したからに他ならない。
そしてそれは、息子と妻の何気ない笑い声が風となって、僕の生命の埋み火に勢いを与えてくれたのかもしれない。

感謝できる自分は幸せであるとおもう。

ジャパニーズ・ガーデン・カフェ つろぎはコチラ>>
「つろぎスイーツ」・「毎日水素」・「カリカセラピ」などを販売するつろぎ的健康生活WebShopはコチラ>>

  


2007-08.02 Thu 15:02山崎 雄彦[-URL]

すごく、いぃことですね!
 

2007-08.03 Fri 00:18いくこ[-URL]

こっちのつろぎ日和の方が好きですよっ。

先日つろぎに行ったとき、店長がほんの少し変わったこと、すぐに見抜きました。
さのちゃんも見抜いてました。
こどもの力ってすごいねぇと話していました。
それだけじゃないんでしょうけど。

自力ではムリなんですよね(*´ο`*)=3
人は他力でしか生きられない。
で、他力のすごさを知ったらそりゃもう感謝せずにいられなくなる。
幸せすぎて。

でも産前の店長も好きですよ(笑)
 

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。